美容皮膚科のにきび跡治療


若いときにできたにきび跡、成長しても消えないなんて事はありませんか。今はにきびがなくても、にきび跡のせいで肌がでこぼこしたり、色が変わったりと肌の悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回は美容皮膚科でのにきび跡治療についてご紹介しましょう。

美容皮膚科で治療できるにきびの特徴をまず挙げてみましょう。最初はにきび跡による赤み。半年以内にできたにきびは、炎症の跡がまだ消えていないため赤くなります。一年以上たっても赤みが消えなければ、肌がダメージを受けて薄くなり、皮膚下の血管などが透けている状態です。治療方法としては、半年以内のものであれば赤みに吸収されるレーザーを使い、一年以上のにきび跡にはコラーゲン生産を促進するレーザーを使って治療をします。

にきびが何度もできてその傷が真皮に到達して組織を壊してできた瘢痕がクレーターです。真皮が修正できず、肌表面がでこぼこになってしまいます。深い部分を壊している場合、もとにもどすのは相当厳しいです。この場合の治療方法には、コラーゲンの産生作用が必要です。ピーリングやコラーゲン注入を掛け合わせ、でこぼこ肌改善を目指します。

紫色や茶色のにきび跡の色素沈着はヘモグロビンやメラニンが関わっています。紫色が治まると最終的に茶色になります。この治療は、茶色を薄くしていく治療をしていきます。美白点滴を使うこともあります。

ここからはレーザーを使ったにきび跡の治療についてより詳しくみていきましょう。